昨年は初のマコモ栽培にチャレンジしました

苗は三重県菰野町のマコモ農家さんから譲り受けました



こ〜んなに逞しく育ってくれて、まずは感謝と安堵の年になりました。


2019年は更に栽培に目配り心配りをして鍛錬していこうと思っています。
田んぼも新たに移し替えることになりましたしね(o^^o)

さて、育てられる自信が少しついたところで、今度は収穫後をど〜するかです。


どうやらマコモの葉をお風呂に使うとかなり良いらしいのです。
浄化力とお肌を整える作用がある様です。

これは浄化に関係するのでしょうが、体内に帯電した電気を解放してくれる様です。

アトピーなどお肌に痒みを持っている人にも良いらしいのです。

ということで、暇な正月休みに去年収穫して洗って乾燥させた葉を刻んでみました。





世の中にマコモ風呂って結構色々ある様ですが・・・

個人的に「ど〜しようかなぁ〜?」と考えてみました。

マコモ葉の茶は昔からデトックス茶として知られているし、ミネラルも豊富に含んでいて特にケイ素などを摂取できるということでポピュラーに活用されているならば、じゃー、マコモ茶に浸かっちゃえばイイじゃん!!

と、思いつきました。

昔、熱川方面の温泉旅館で、緑茶のお風呂に入ったことがあります。全く、抹茶風呂で驚きました。
そのまま飲めるんじゃ〜ないの?!って言うくらいのクオリティでした。
気持ちもとても良かったですね。

そのイメージがあるのでマコモを煮出してお茶?を作ることにしました。

まず刻んだマコモ葉
50g程を不織布に入れ、



ゴムで口を縛ります。




これを少し大きめの鍋で煮出します。
時間は10分ほど。


薄っすら、緑色です。

これを気をつけながら風呂へ投入〜!


透明感のあるグリーンのお風呂が出来上がりました。



マコモの葉の香りが漂います

湯船の中でモミモミしてみましょう


エキスが徐々に広がります


入ってみました



マコモの湯の蒸気が立ち上る中、深く鼻から深呼吸して呼吸器へ入れてみました


ここのところ、山梨のあっちこっちの源泉の湯に浸かっても発汗力を感じていなかった私ですが・・・



まぁ〜!!驚きましたね!!

10分程でしょうか・・・汗ダクダクです¥(//∇//)¥


お水を持って入った方が良さそうです


更に探求です。

このお湯は翌日はど〜なるのかなぁ?


翌日に入る予定が都合上、翌々日になってしましました(^^;;


しかも、私は留守にしておりましたので、師匠が代わりに入ることに・・・。




初日のクリアーな感じから一転、深緑になっています
香りはマコモの葉の匂いです。
嫌なニオイはしていませんでした。

この深みが増したのは「大丈夫なのか?」「ダメなのか?」

入った師匠に聞いてみました

「ぜぇ〜んぜん、いいよ!大丈夫、問題ないね!(^^)」

と申しておりました。
まぁ〜、あくまでも60歳代男性。人生の酸いもあまいも嚼み分けて生きてきた古いタイプの人間の体感なのでどこまで信じていいのか(笑)ですが・・・

実際に浴槽の底を探ってみましたが、ヌルヌル感は少ないです。沸かし直しする前にゴミなどをすくっておけば良さそうです。




個人的な体感としては同じ湯を活用するならば3日間くらいが丁度いいかもしれません


これはこれで良かったのですが、う〜ん、煮出すのか〜(*´ー`*)



めんどくさ〜い( ´Д`)y━・~~



まだまだ探求は続きます



 

◆*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*◆
◆乳酸菌液とミネラルで腸内環境と自己免疫力をUPする!
Rスタイル(株)シーズ
◆都会生活から田舎暮らしへ。乳酸菌で健康と美容を提案する
はなこ@ショップ
◆*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*◆